宮島街道にしひがし

西広島の今を伝えます
  • 最新号
    (03.15発行)
  • 一面
  • くらし
  • 宮島街道
  • ビジネス
  • スポーツ
  • 医療
  • イベント
  • 募集

己斐・己斐東両社協
防犯と交通安全
パレードで喚起

2018年12月07日
   自転車のツーロック喚起
 【西区】広島市西区の己斐学区社会福祉協議会と己斐東学区社会福祉協議会は1日午後6時~、JR西広島駅前一帯で、防犯パレードを実施した。同駅前では、特殊詐欺防止や車のライトの上向き使用などを呼び掛けるチラシと防犯用反射材を駅利用者などに配って協力を訴えた。広島西署が協力した。
 両社協の会員らが「自転車にはツーロック」の横断幕を掲げて、防犯を呼び掛けながら商店街などを歩いた。
 駅前のチラシ配布には、全国防犯協会連合会と全国の防犯協会のマスコット・キャラクターCPくんも参加した。
 パレードは、毎年1回実施しており、今年で14回目。己斐学区社協の横尾治会長は、「始めた当初は暴走族が多かったが今はほとんど無くなった。一方で、特殊詐欺は多く、交通事故も絶えない。今後も撲滅へ声掛けしていく」と話していた。
宮島街道ニュース

西広島タイムス電子版


平成31年3月15日 第1541号

パソコン・スマホで読めます!

西広島タイムスを
新聞をめくるように
読んでいただけます。

広告もご覧いただけます。

バックナンバー