行政・くらし

西広島の今を伝えます
  • 最新号
    (05.24発行)
  • 一面
  • くらし
  • 宮島街道
  • ビジネス
  • スポーツ
  • 医療
  • イベント
  • 募集

新年号特集 地元首長の抱負06
廿日市市議会議長 仁井田和之

2019年01月01日
 明けまして、おめでとうございます。
 皆様におかれましては、お健やかに新しい年をお迎えのことと、心からお慶び申し上げます。日頃から市議会の活動に対しご理解とご協力を賜り厚く御礼申し上げます。
 さて、昨年の廿日市市は、市制を施行して30周年を迎え、JR廿日市駅、JR大野浦駅周辺整備の完了、大野支所新庁舎の完成などがあり、住みよいまちづくりのための事業を推進しました。
 一方で、西日本各地に甚大な被害をもたらした7月の豪雨災害では、廿日市市ではじめて避難指示(緊急)が発令されました。近年多発する自然の脅威に備えた対策を強化する必要があります。
 今年は、天皇陛下が退位され、皇太子殿下が即位されます。
 平成の御代、私にとって一番感慨深い出来事は、平成の大合併でございます。1市3町1村が合併することにより、廿日市市が、さらに飛躍、発展する礎を築いたものと確信しております。
 さて、市議会は、市の最高議決機関として、28名の議員が、市政を取り巻く諸課題を審議しています。
 昨年、情報伝達の迅速化や、ペーパーレス化を進めていくためにタブレット端末を導入しました。
 議会審議などに活用し、議会活動の充実を図りたいと思います。
 今年も引き続き、市民の皆様の負託に応えられるよう全力を尽くしてまいりますので、更なるご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。
 結びに、平成31年が、皆様にとりまして、素晴らしい年となりますよう、心より祈念申し上げ、新年のご挨拶とさせていただきます。
くらしニュース

西広島タイムス電子版


令和元年05月24日 第1550号

パソコン・スマホで読めます!

西広島タイムスを
新聞をめくるように
読んでいただけます。

広告もご覧いただけます。

バックナンバー