宮島街道にしひがし

西広島の今を伝えます
  • 最新号
    (04.19発行)
  • 一面
  • くらし
  • 宮島街道
  • ビジネス
  • スポーツ
  • 医療
  • イベント
  • 募集

安全安心願い書き初め 五日市高書道部が大書 佐伯署

2019年02月01日
五日市高書道部が安全安心の佐伯区実現へ大書した
 【佐伯区】新年を迎え安全・安心の広島市佐伯区に向け区民と警察の団結の輪を広げようと「佐伯安全・安心書き初め大会」が1月18日、佐伯署であった。防犯・交通団体関係者、署員ら約40人が見守る中、県立五日市高校書道部9人が犯罪・交通事故の無いまちになることを願い約5m×3mの紙にしたためた。
 袴姿で登場した部員はアップテンポの音楽をバックにパフォーマンスを披露。初心者マークをイメージした黄色と緑色の4つの正方形の上に「一致団結」と筆を滑らせた。さらに力強くリズミカルに躍動感あふれる筆運びで「地域の人と 手を取り合い 共に育む 笑顔の輪 想いを一つに」と揮毫。最後は朱色で「佐伯の絆」と力強く書いた。
 西岡奈菜部長(2年)が社会のルールを守り、犯罪や事故に遭わないための行動に努めることなど安全安心宣言をした。最後は、佐伯署の岡本祐二署長の「みんなで安全安心な佐伯区を築くぞ」の発声で、参加者が「エイエイオー」と拳を突き上げ勝ちどきを上げた。
 西岡部長は「緊張したけど、練習の成果が出た。作品を見て元気が出て、佐伯区が犯罪と事故のないまちになれば」と思いを込めていた。
 作品は、一年間、同署ロビーに飾る。
宮島街道ニュース

西広島タイムス電子版


平成31年04月19日 第1546号

パソコン・スマホで読めます!

西広島タイムスを
新聞をめくるように
読んでいただけます。

広告もご覧いただけます。

バックナンバー