宮島街道にしひがし

西広島の今を伝えます
  • 最新号
    (04.19発行)
  • 一面
  • くらし
  • 宮島街道
  • ビジネス
  • スポーツ
  • 医療
  • イベント
  • 募集

ホッケー楽しい 選手が児童指導 津田小で

2019年02月01日

ホッケーの楽しさを体感
 【廿日市市佐伯】廿日市市が1月22日、女子ホッケーチームのコカ・コーラレッドスパークス選手と児童が交流するトップアスリート交流を同市立津田小学校(同市津田)で催した。選手らが6年生22人にホッケーを指導し、スポーツの楽しさを伝えた。
 同チームの金藤祥子副将、中尾明日香選手、藤林千子選手、齋藤明日香選手が児童らにルールやスティックの扱い方などを教えた。実際にシュートを披露すると、子どもたちは「すごい」「速い」と、どよめいていた。
 児童らは男女2組に分かれ、パスやドリブルなどを練習後、ミニゲームもした。ゴールが決まるたびに、歓声が上がっていた。女子児童は「点を入れることができて、とても嬉しかった。ホッケーってこんなに楽しいんだ」と喜んでいた。
 選手たちは指導後、児童らとともに給食。昼休憩には一緒に遊ぶなどして交流を深めた。
 同事業は、子どもの健全な育成やスポーツへの関心・興味を持ってもらうほか、2020東京五輪の機運醸成などが目的。同市教育委員会生涯学習課の和田浩スポーツ振興担当課長は「ホッケーのみならず、スポーツを好きになるきっかけにしてほしい」と話している。
宮島街道ニュース

西広島タイムス電子版


平成31年04月19日 第1546号

パソコン・スマホで読めます!

西広島タイムスを
新聞をめくるように
読んでいただけます。

広告もご覧いただけます。

バックナンバー