一面

西広島の今を伝えます
  • 最新号
    (05.24発行)
  • 一面
  • くらし
  • 宮島街道
  • ビジネス
  • スポーツ
  • 医療
  • イベント
  • 募集

世界のラン21万輪が共演 広島市植物公園でフェスタ

2019年03月01日
 【佐伯区】広島市植物公園(同市佐伯区倉重3丁目)で、「世界の蘭と熱帯の花フェスタ」が開催されている。同公園でランをテーマにした催しは四年ぶり。「バオーンと世界をめぐる」と題し、約300種3200鉢21万輪のランに1000点以上の熱帯の花が大温室を華麗に彩っている。3日(日)まで。
 同公園では、1987(昭和62)年の「世界蘭会議広島大会」以降、ランをテーマにした催しを毎年、開いてきた。大温室改修に伴い2015(平成27)年の「春をよぶラン展」を最後に休止していた。オーストラリアからやって来たバオバブ(愛称バオーン)をシンボルツリーに、昨年3月に大温室がリニューアルしたのを機に復活した。
 入口を約300株のオンシディウムで作った「アカシアのトンネル」をくぐると、鮮麗な光景が飛び込んでくる。約2300輪のデンファレとモカラの花で旅客機を描いた壁画「オーストラリア浪漫飛行」。約200株のカトレヤとデンドロビウムで作ったオーストラリア大陸が広がる。約1200輪のモカラで彩った等身大のカンガルー人形も出迎える。バオーンの周りは出身の豪州のランが彩る。ほかにも愛好団体52人333点の出品があった洋ラン品評会のグランプリや準グランプリなど受賞13作品も並ぶ。
 期間中、毎日午前11時~・午後1時~洋ランクリニックがある。3月2日(土)・3日(日)午前10時~はデンファレなど材料にしたコサージュ作り教室がある(材料費100円、各日先着50人)。10日(日)午前10時~は展示したランを格安で販売する。
 問合は、同公園☎(082)922・3600。
一面ニュース

西広島タイムス電子版


令和元年05月24日 第1550号

パソコン・スマホで読めます!

西広島タイムスを
新聞をめくるように
読んでいただけます。

広告もご覧いただけます。

バックナンバー