地元経済・ビジネス

西広島の今を伝えます
  • 最新号
    (03.15発行)
  • 一面
  • くらし
  • 宮島街道
  • ビジネス
  • スポーツ
  • 医療
  • イベント
  • 募集

ホテルの総料理長監修のカレー 宮島SAの「磯もみじ」で新メニュー8日から 比治山大学との共同リゾットも

2019年03月08日

「満足ボーノセット」(上)と「宮島さんのダブルソースカレー」
 【廿日市市】廿日市市の宮島サービスエリア(下り線)のレストラン「磯もみじ」が8日(金)から、春の特別フェアの一環で比治山大学と共同開発した料理「満足ボーノセット」とホテルニューヒロデンの西坂正寛総料理長監修「宮島さんのダブルソースカレー」の2品を新たにメニューに加える。ターゲットを女性や子育て世代、若年層に定め、サービスの拡充を図る。
 同セットのコンセプトは、「お母さんが幼児とシェアしながら食べる」。「焼トマトリゾット」や「鯛のカルパッチョ」、「ポテトオムレツ」など4品。野菜や肉、乳製品、魚など食材のバランスや栄養価、カロリーを考慮したという。リゾットには、同店のオリジナルソースを使用。野菜の甘みを生かした味付けにしたそうだ。税込1080円。
 カレーは、磨り下ろした野菜と15種類のスパイスを配合したカレーと魚介を使ったタイカレーの2種類を一皿に。地御前カキのカキフライや吉和産のアワビタケなど地産食材をトッピングしている。ご飯を宮島杓子に型取り「インスタ映え」も考慮したそうだ。税込1250円。 
 同レストランの藤井潔料理長は「5歳以下の子どもと大人がどちらも満足いく味付けには苦労した。カレーは塩ひとつまみ以下で微調整し、納得いくものになっている」と話す。
 同SAは、高速道路以外に、一般道からも入ることができる。
 問合は、同SA下り線TEL(0829)38・0880。
ビジネスニュース

西広島タイムス電子版


平成31年3月15日 第1541号

パソコン・スマホで読めます!

西広島タイムスを
新聞をめくるように
読んでいただけます。

広告もご覧いただけます。

バックナンバー