地域ニュース

西広島の今を伝えます
  • 最新号
    (07.03発行)
  • 一面
  • くらし
  • 地域
  • ビジネス
  • スポーツ
  • 医療
  • イベント
  • 募集

五日市中央調べ 一冊に歴史集約 地元研究会が25日報告会

2019年05月24日

左から高東さん、新谷さん、川西さん。五日市中央の歴史を一冊に集約
 【佐伯区】広島市佐伯区の五日市中央公民館で活動するグループ「まちづくりの歩み研究会」(高東博視代表)が、五日市中央小学校区やその周辺の歴史についてまとめた冊子「五日市中央のまちモノかたり」を制作した。五日市競馬場や弾丸列車、岡の下川の大改修など地域の変遷を約三年かけ調査・研究し一冊にまとめた。25日(土)には、同公民館で冊子を作るに当たり調査研究の報告会を開く。「ぜひ聴きに来てほしい」と来場を呼び掛けている。
 冊子は、A4版100㌻オールカラー。五日市の地形の変遷にはじまり、造幣局広島支局の建設や黒松並木など25項目に分け紹介。西広島バイパスでは現在の高架橋とは異なり、盛り土で作った道路の計画当初のイメージ図を掲載。「市街化の変遷」では1965(昭和40)年︱74(同49)年の地図を載せ地域の発展を明らかにしている。「幻の中央土地区画整理」は、1958(昭和33)年に一度は計画決定したが白紙撤回されたいきさつなどを載せている。
 同会は、2016(平成28)年7月に発足。地域の歴史を後世に残そうと、区の魅力と活力向上推進事業補助金を活用し冊子を制作した。
 作成に当たり、文献を参考にする一方、地域住民ら約50人にもインタビューした。40(同15)年に現在の五日市中学校そばに完成した五日市競馬場(鍛錬馬場)は地元住民の証言に基づき当時のイメージ図と合わせ住民の証言をつづっている。
 冊子は、活動への協賛金として1口1000円で寄付した人に寄贈する。
 報告会は、午後2時〜4時。「まちづくり100年史」と題し、高東代表が数多くの古い写真・地図を使って説明する。定員100人。参加無料。
 同会は、今後、地元の小中学校や老人会など出前講座をしていきたいという。さらには案内看板の設置も計画している。新谷益三さん、川西勝文さん、高東代表は「改めて地域の歴史を知るきっかけになった。地域に関心を持ってもらい郷土愛を深めてもらい、まちづくりに参加するきっかけになれば」と話している。
 冊子の問合は、高東代表☎090・8604・7833。報告会の申込・問合は、同公民館☎(082)921・8070。

地域ニュース

西広島タイムス電子版


令和2年07月03日 第1600号

パソコン・スマホで読めます!

西広島タイムスを
新聞をめくるように
読んでいただけます。

広告もご覧いただけます。

バックナンバー