地域ニュース

西広島の今を伝えます
  • 最新号
    (07.03発行)
  • 一面
  • くらし
  • 地域
  • ビジネス
  • スポーツ
  • 医療
  • イベント
  • 募集

美鈴が丘の軌跡たどる 40周年記念誌が完成

2019年06月07日
第2弾となる冊子が完成
 【佐伯区】広島市佐伯区の美鈴が丘まちづくり協議会が、美鈴が丘団地の入居開始から昨年、四十周年を迎えたのを記念し冊子「美鈴が丘の軌跡」を発行した。「Vol.2」と題し「30周年記念誌」以降、十年の間に発足した同協議会の活動内容や現在の状況、今後の団地の展望など掲載している。
 冊子は、A4判52㌻、一部カラー刷り。プロローグとして美鈴が丘の位置や歴史、地形、過去の災害も振り返っている。1章では2015(平成27)年に地域の約20団体が一枚岩となり美鈴が丘連合町内会から美鈴が丘まちづくり協議会へと移行した経緯をはじめ活動指針、教育や子育ての環境状況などコミュニティ活動を載せている。引っ越して来た人も孤立せず安心して暮らせるようサークルなども紹介した。
 2章は、十年前と現在の年齢別人口の違い、昭和60年度からの人口や児童数・高齢者数の推移などをグラフで見ることができる。3章では「美鈴が丘の軌跡」と題し十年間の美鈴が丘・国内・世界の年表、さらには団地の誕生からのあゆみを載せた。500部作成。1冊500円で頒布している。
 同団地は、1968(昭和43)年に開発がスタート。76(同51)年に起工式があり、78(同53)年から入居が始まった。
 発行人(同協議会前会長)の松尾敏子さんは「記念誌で、美鈴が丘の良さを思い返してもらいUターンIターンのきっかけにしてもらい、今住んでいる人は魅力を再発見し住み続けてほしい」。30周年記念誌に続き編集長を務めた澤田俊子さんは「たかが十年、されど十年。記憶だけではなく記録に残すことが大切。若い人に読んでもらいたい」。50周年記念誌の制作に早くも意欲を見せている。
 問合は、松尾さん☎090・4149・9253。
地域ニュース

西広島タイムス電子版


令和2年07月03日 第1600号

パソコン・スマホで読めます!

西広島タイムスを
新聞をめくるように
読んでいただけます。

広告もご覧いただけます。

バックナンバー