地元経済・ビジネス

西広島の今を伝えます
  • 最新号
    (09.13発行)
  • 一面
  • くらし
  • ビジネス
  • スポーツ
  • 医療
  • イベント
  • 募集

二十五周年飾る 夏の企画多彩に グランドプリンスホテル広島

2019年07月05日
ビアホールでは目の前で牛ロースなどを提供する
グランドプリンスホテル広島(広島市南区元宇品)が8月25日に開業二十五周年を迎える。節目を記念した企画や9月まで「夏の瀬戸内ファミリーリゾート」と題したイベントを用意。ビアホールでは盆限定のイベント、地元レモンを使ったアメニティグッズが付いた宿泊プランや体験とディナーのセットなど設けている。
 夏恒例の「海辺のビアホール」は、今年は「WE LOVE MEAT!~感謝の肉フェス」と銘打ち26種類の料理が並ぶ(9月30日(月)まで)。話題のパネチキンに牛ロース肉の鉄板焼き、天ぷらなどは目の前で作る。日替わりで楽しむことができるクラフトビールやデザートなどすべて食べ飲み放題。8月10日(土)~15日(木)は、宴会場に櫓を組み盆踊りを催す「ビアホールde BON DACE」を開き、毎日打ち上げ花火で瀬戸内海を華麗に彩る。料金は、大人男性5500円(税込、以下同)、女性5300円、中高生3800円、小学生2000円。
 プールでは、昨年に続きファッション誌「CanCam」が空間プロデュースした夜限定の「CanCamナイトプール」がオープンしている(9月8日(日)まで)。ライトアップしたオブジェに、人気の「コオリヤ ユキボウシ」監修のかき氷も特別料金で提供。前売りチケット女性3456円、男性5184円。
 大長レモンを使い新たに開発したオリジナルアメニティーが付いた宿泊プランを設けた。バーテンダーやパティシエなどの体験とディナーがセットになったキッズプログラム(8000円)も。
 6月26日にあった夏期商品説明会で、同広島の平瀬春男総支配人は、「市内から一番近いリゾートホテルとして強化した。ホテルの良さをアピールしたい」と話している。
 問合は、同広島☎(082)256・1111。

ビジネスニュース

西広島タイムス電子版


令和元年09月13日 第1565号

パソコン・スマホで読めます!

西広島タイムスを
新聞をめくるように
読んでいただけます。

広告もご覧いただけます。

バックナンバー