スポーツ

西広島の今を伝えます
  • 最新号
    (11.15発行)
  • 一面
  • くらし
  • ビジネス
  • スポーツ
  • 医療
  • イベント
  • 募集

二年ぶり全国の切符勝ち取る 敗者復活から逆転劇見せ優勝 広島西リトルリーグがMLB杯本戦へ

2019年07月12日
念願だった全国行きの切符を手にした広島西リトル
 【西区】広島市西区を拠点にする硬式野球チーム、広島西リトルリーグが26日(金)~29日(日)に宮城県石巻市である「MLB CUP 2019リトルリーグ野球小学5年生・4年生全国大会IN石巻」に出場する。6月にあった中国連盟予選では敗者復活から勝ち上がり、本戦行きの切符を手にした。二年ぶりの出場に向け選手・コーチ・保護者とも気合が入っている。
 昨年10月の新チームの時から「この大会に懸けていた。思いは強かった」(川本将志監督)と同大会を目標に練習してきた。5年生のみで臨んだ中国連盟予選。1回戦で岡山・山口東の連合チームに破れ敗者復活に回り後がなくなった。だが、1試合目を20―2で大勝するとチームに勢いが付いた。
 続く準決勝の広島南戦では、長谷川奨キャプテン、近藤翔太、若狹淳生、中山大輝の適時打など計10得点を取った。先発の長谷川が5回を2安打1失点、継投した新矢祥真・中原佑樹も後続を抑え、10―2で勝利を収めた。
 全国大会出場の懸かった決勝の相手は、奇しくも岡山・山口東。雪辱に燃える広島西は内野ゴロの間に先制すると、長谷川と川本航大の2点適時打などで計6点を奪った。投げては若狹―中原佑樹が相手打線を1点に封じた。保護者らが川本監督を胴上げし歓喜に湧いた。
 MLB杯は、過去3回、広島西が1―10で破れるなど中国連盟のチームが一度も勝ったことがない。川西監督は「まずは中国連盟の代表の歴史を刻みたい。投手の出来が鍵を握っている。うまく継投していきたい」と力を込める。
 広島西では、選手を募集している。詳しくはホームページに記載している。

スポーツニュース

西広島タイムス電子版


令和元年11月15日 第1574号

パソコン・スマホで読めます!

西広島タイムスを
新聞をめくるように
読んでいただけます。

広告もご覧いただけます。

バックナンバー