一面

西広島の今を伝えます
  • 最新号
    (11.15発行)
  • 一面
  • くらし
  • ビジネス
  • スポーツ
  • 医療
  • イベント
  • 募集

 噴水迷路で涼体感 植物公園で

2019年08月23日
 【佐伯区】広島市植物公園(同市佐伯区倉重3丁目)で「植物公園サマーフェア」が31日(土)まで開催されている。13回目。厳しい残暑が続く中、子どもたちに人気を集めているのが「巨大噴水迷路」だ。水が下から吹き上がったり上から流れ落ちたりと水遊びと迷路の楽しさを同時に体感できる同公園夏の催しの名物の一つとなっている。涼を求めて多くの家族連れでにぎわい、園内には水着姿ではしゃぐ子どもたちの歓声が響き渡っている。
 同迷路は、期間中毎日、午前11時・午後1時・午後3時に実施している。噴水のように上がる高さ約2mの水の壁をかいくぐりながら、最長約300m先のゴールを目指す。途中には、上から落ちるシャワー迷路や高さ7mの三段滝も待ち受け、子どもたちは水着で涼を体感していた。同市西区の足立佳代ちゃん(7)は「水が気持ち良かった」と笑顔が弾けていた。
 ほかにも、高さ10m幅50mのアサガオの巨大カーテンなど5カ所でスタンプを集めるスタンプラリーを開催(小学生対象、先着100人)。24日(土)・25日(日)・31日(土)にはオリーブのミニリース作り(先着15人、500円)もある。乳幼児、小中学生は入園料が無料。
 問合は、同公園☎(082)922・3600。
一面ニュース

西広島タイムス電子版


令和元年11月15日 第1574号

パソコン・スマホで読めます!

西広島タイムスを
新聞をめくるように
読んでいただけます。

広告もご覧いただけます。

バックナンバー