地域ニュース

西広島の今を伝えます
  • 最新号
    (02.21発行)
  • 一面
  • くらし
  • 地域
  • ビジネス
  • スポーツ
  • 医療
  • イベント
  • 募集

最優秀賞写真に「睡蓮の涙」 俳句入賞作も20日まで展示 極楽寺山睡蓮まつりコンテスト

2019年09月06日

最優秀賞を射止めた諸冨さんの「睡蓮の涙」
 【廿日市市】一般社団法人はつかいち観光協会が主催した「第16回極楽寺山睡蓮まつり」写真コンテストの最優秀賞に、諸冨誠さん(広島市佐伯区五日市町、69)の「睡蓮の涙」が選ばれた。俳句部門では中山勢津子さん(同市西区南観音町、81)の「吹かれつつ水渡りきる夏の蝶」が同賞を受賞。入賞作品は20日(金)まで、ゆめタウン廿日市3階で展示している。
 写真・俳句ともテーマは極楽寺山一帯の自然や行事など。6月・7月に募集し写真264点、俳句96句集まった。同協会の塩田ひとし会長や廣瀬良治理事などで構成する選考委員会が写真を、俳人協会広島県支部の副支部長などを務める八染藍子さんが俳句の入賞作品をそれぞれ選定した。
 写真の優秀賞には、京野達也さん(廿日市市福面、72)の「水温む」と、木下則利さん(広島市西区己斐中、49)の「緑水に浮かぶ睡蓮」が入選。田中均さん(同区庚午南、65)の「一人静」も選ばれた。
 俳句では、最優秀賞に次ぐ特選に田中則子さん(同市佐伯区美鈴が丘東、72)の「睡蓮を見て来し夜の深眠り」、平松睦子さん(廿日市市下平良、79)の「睡蓮に天の光の惜しみなく」。新本孝子さん(広島市佐伯区隅の浜、75)の「息ひとつ吐くごと聞き未草」の3句が入選した。
 そのほか入賞者は次の通り(地元関係分、敬称略)。
 【写真】〈入選〉井田悟、藤井律、出木谷秀典、向井畑正治
 〈佳作〉藤川豊子、服部隆、新宅誠、藤井勉、西谷正子、中村信之、小野博之、大島寛、櫻井秋寿
 【俳句】〈佳作〉西上忠義、堀向博子、林暁子、山崎和子、堀江晃正
地域ニュース

西広島タイムス電子版


令和2年02月21日 第1587号

パソコン・スマホで読めます!

西広島タイムスを
新聞をめくるように
読んでいただけます。

広告もご覧いただけます。

バックナンバー