一面

西広島の今を伝えます
  • 最新号
    (10.18発行)
  • 一面
  • くらし
  • ビジネス
  • スポーツ
  • 医療
  • イベント
  • 募集

眞野市長が後継指名 10月の市長選投票前に 廿日市市

2019年09月20日
 【廿日市市】11月の任期満了に伴い今期限りでの退任を表明している廿日市市の眞野勝弘市長(76)が9月11日、市長選挙に出馬の意向を示している松本太郎氏(50)を後継指名した。眞野市長は9月定例会の一般質問で後継について問われ、氏名の言明を避けたが、その後の記者団の取材で明らかにした。市長選には無所属の川本達志氏(62)も出馬を表明している。
 取材で眞野市長は、松本氏が8月にあいさつに訪れたことを明らかにし、市の事業や導入を検討している宮島の「入島税」などを継承する意思表示があったと説明。「6月時点では市長選に関与するまいと考えていたが、熱意を感じ(後継を)決断した」と言う。松本氏の選挙活動には「要請があれば参加する」とした。一般質問で岡本敏博議員の「後継はだれか」などの質疑に名前を伏せ答弁したことについて「職員のいる場で公表は避けたかった」と話している。
 川本氏は「市民の暮らしに寄り添う市政」をまちづくりの基本理念に掲げ、「福祉」「教育」「産業振興」を柱に6月に出馬を表明。松本氏も6月に立候補を公表している。  
 市長選の投開票日は、10月20日(日)。
一面ニュース

西広島タイムス電子版


令和元年10月18日 第1570号

パソコン・スマホで読めます!

西広島タイムスを
新聞をめくるように
読んでいただけます。

広告もご覧いただけます。

バックナンバー