行政・くらし

西広島の今を伝えます
  • 最新号
    (12.13発行)
  • 一面
  • くらし
  • 地域
  • ビジネス
  • スポーツ
  • 医療
  • イベント
  • 募集

21議案原案可決 9月定例会閉会 廿日市市議会

2019年10月04日
 【廿日市市】廿日市市議会第3回定例会が9月27日、閉会した。7億3612万1千円を追加する令和元年度一般会計補正予算案や保育料無償化、夜間急患診療所機能移転に伴う条例廃止など21議案を原案可決。同市が資本金2分の1以上を出資している法人の経営状況など3件を報告した。昨年度一般会計歳入歳出決算などの決算認定関連16件と水道事業未処分利益剰余金処分の計17件を閉会中の継続審査とした。
 追加補正予算案で最高額は「市民の連帯の強化及びまちづくりの推進に要する経費の財源に充てる」目的で今年度設置したまちづくり推進基金積立金の約1億4千万円。次いで、宿泊棟などの解体工事請負費など含むはつかいちアルカディアビレッジ整備事業の約1億2千万円、JA産直ふれあい市場整備補助金の1億円がある。
 原案可決した議案では、子ども・子育て支援法の一部改正などに伴う保育料の無償化、地元管理組合が管理する同市大野地域の城山墓苑と三軒屋墓苑を公の施設として廃止するなど条例を一部改正する。また、JA広島総合病院への休日・夜間急患診療所機能の移転に伴う同診療所条例廃止も含まれている。
 最終日には、「新たな過疎対策法の制定に関する意見書」が提出された。令和3年3月末で失効する「過疎地域自立促進特別措置法」に代わる新たな過疎対策法を求める内容。内閣総理大臣や総務大臣など宛てに送る。
くらしニュース

西広島タイムス電子版


令和元年12月13日 第1578号

パソコン・スマホで読めます!

西広島タイムスを
新聞をめくるように
読んでいただけます。

広告もご覧いただけます。

バックナンバー