行政・くらし

西広島の今を伝えます
  • 最新号
    (10.18発行)
  • 一面
  • くらし
  • ビジネス
  • スポーツ
  • 医療
  • イベント
  • 募集

事故無しを願い ナシを渡し啓発 廿日市市の園児が

2019年10月04日
 【廿日市市佐伯】安全運転で事故“ナシ”へ─。秋の全国交通安全運動の一環で9月24日、廿日市市友田の市立友和保育園前で同園の年長園児14人が、交通事故の無いことを願いドライバーへナシを手渡した。運転手らはかわいい贈り主に頬を緩ませ「ありがとう」と受け取った。廿日市交通安全協会佐伯支部(増田豊支部長)主催。ナシは地元の安井梨園が提供した。
 側道に入り停止した車の運転席に園児が一人ずつ近寄り「交通事故無しでお願いします」と、元気良くあいさつ。両手からはみ出るほどの大きさのナシを差し出した。同協会佐伯支部のメンバーと警察官がそれぞれ啓発チラシを手渡した。
 増田支部長は、同園前の県道30号線が制限時速40㎞に対し超過するドライバーが多いことを危惧する。「速度をきちんと守るようにしてほしい。信号機のない横断歩道も多いので、歩行者がいる際は一時停止を心掛けて」と呼び掛けていた。 
くらしニュース

西広島タイムス電子版


令和元年10月18日 第1570号

パソコン・スマホで読めます!

西広島タイムスを
新聞をめくるように
読んでいただけます。

広告もご覧いただけます。

バックナンバー