スポーツ

西広島の今を伝えます
  • 最新号
    (10.18発行)
  • 一面
  • くらし
  • ビジネス
  • スポーツ
  • 医療
  • イベント
  • 募集

広島ドラゴンフライズ ホーム開幕戦で好発進 前年王者熊本に2連勝

2019年10月04日
 【西区】男子プロバスケットボールBリーグ2部(B2)・広島ドラゴンフライズが9月28日、2019─20シーズンのホーム開幕戦を広島サンプラザホール(広島市西区商工センター3丁目)で迎えた。昨季、B2優勝を果たした熊本ヴォルターズに101─51で圧勝。ベンチ入りした選手全員が攻守に躍動し、3090人の観客を沸かせた。
 第1クオーター開始20秒、朝山正悟主将が先制点を取ると、ジャマリ・トレイラー、グレゴリー・エチェニケの外国人選手がゴール下で攻め込んだ。開始6分まで熊本を無得点に抑える堅守で、21─0とスタートダッシュに成功した。
 オフェンスはパスを回して熊本のディフェンスを崩し、朝山主将や田中成也がノーマークシュートを打つ場面も。トレイラーがルーズボールを追い、エチェニケが17本のリバウンドを取るなど攻守で力を見せつけた。試合は終始、広島ペースで進み、熊本に一度も逆点を許さなかった。
 試合後、堀田剛司ヘッドコーチは「選手たちがホーム開幕戦に向けてしっかり準備した結果。しかし途中、もったいないミスも多かった。しっかり、集中して臨んでいきたい」と、気を引き締めていた。
 広島は翌29日も熊本を75─54で破り、リーグ3連勝している。
スポーツニュース

西広島タイムス電子版


令和元年10月18日 第1570号

パソコン・スマホで読めます!

西広島タイムスを
新聞をめくるように
読んでいただけます。

広告もご覧いただけます。

バックナンバー