行政・くらし

西広島の今を伝えます
  • 最新号
    (11.22発行)
  • 一面
  • くらし
  • 地域
  • ビジネス
  • スポーツ
  • 医療
  • イベント
  • 募集

市長選20日投票14日から期日前 廿日市市

2019年10月11日
 【廿日市市】任期満了に伴う廿日市市長選挙が13日(日)に告示、20日(同)に投開票される。眞野勝弘市長は退任を表明し、8日現在、出馬表明している新人・無所属の川本達志氏(62)と、同じく松本太郎氏(50)の一騎打ちになりそうだ(出馬表明順)。同市選挙管理委員会は、市民に投票を呼び掛けている。
 期日前投票は14日(月)~19日(土)。同市役所、佐伯支所、吉和支所、大野支所、宮島支所で午前8時半~午後8時、ゆめタウン廿日市内の廿日市市民ホールでは午前10時~投票できる。
 投票日は、市内の各市民センターや集会所など全51カ所に投票所を設置。一部地域を除き、午前7時~午後8時に受け付ける。午後9時10分から日本赤十字広島看護大学で開票する。
 今年の市長選は選挙権が18歳に引き下げられ初めて実施される。9月1日時点での選挙人名簿に載る選挙人数は、9万7801人。前回(平成27年)は、有権者数9万4738人で、投票率は48・7%だった。
 川本氏は、過去、広島県庁と同市に計三十二年間勤務。2008年に同市の副市長に就任し11年に退任した。目指す市の姿に国内外から人を呼び込み経済・文化などの交流を生む「新街道都市づくり」などを掲示。後援会にはデリカウイング㈱の細川匡代表取締役会長兼CEOが後援会顧問に就いている。
 松本氏は、05年に建築会社を退社し、市議会議員選挙に立候補。初当選し現在4期目を務めている。現市政を継承する意向を示し、眞野勝弘市長から後継指名されている。広島市への依存を抑制し経済的に自立した市政を目指す「ベットタウンからホームタウン」をまちづくりのキーワードに掲げている。
 両者とも2度目の出馬。前回の市長選では、川本氏が1万4319票で次点、松本氏が1万1342票を獲得した。
 選挙の問合は、市選管事務局☎(0829)30・9101。
くらしニュース

西広島タイムス電子版


令和元年11月22日 第1575号

パソコン・スマホで読めます!

西広島タイムスを
新聞をめくるように
読んでいただけます。

広告もご覧いただけます。

バックナンバー