イベント

西広島の今を伝えます
  • 最新号
    (11.15発行)
  • 一面
  • くらし
  • ビジネス
  • スポーツ
  • 医療
  • イベント
  • 募集

横川にゾンビ出現25日26日 11月に「はしご酒」の催しも 国際色豊かなまちづくりへ

2019年10月18日
 【西区】広島市西区横川地区で25日(金)・26日(土)に「横川ゾンビナイト」が開催される。続いて11月12日(火)・13日(水)には「横川はしご酒」がある。趣向の異なるイベントで横川の魅力を満喫してもらう。
 ゾンビナイトは、今年で5回目。例年、二日間で約1万5千人が訪れているそうだ。
 当日は駅前にある「ゾンビ感染所」でフェイスペイント(有料)を施してもらい、ゾンビタウンの住人となり街に繰り出す。一帯はさまざまな催しでソンビ一色に染まる。飲食店ではゾンビにちなんだ特別メニュー、点滴ジュースがあったり。ゾンビ結社から生還するバーチャルリアリティを使ったアトラクションを楽しむことができる。日が暮れ辺りが闇を包むころ横川胡子神社をプロジェクションマッピングが彩る。今年は広島信用金庫横川支店で、ディスコナイトを初開催。フレスタ横川店では歌に踊りなどのステージ、仮装コンテストなどがあったり。初日は午後3時~9時、二日目は1時から。
 はしご酒は今回で3回目。中広通りを挟み1回目は南側の26店舗、2回目は北側の18店舗で催した。3回目は商店街全域を会場に過去最多の42店舗が参加する。
 参加者は4枚綴りのチケットを購入する。各店舗で1チケットを渡せば約1000円分のドリンクと料理を提供する。堪能したら次の店舗へとはしごする。
 10月末から前売り券3200円を600冊限定で、セブンイレブン横川駅北口店・横川2丁目店、エディオン横川店、宗利商店などで販売する。当日券は3600円。
 横川商店街振興組合の村上正理事長は「横川ではインバウンドに力を入れ国際色豊かなまちづくりを目指している。イベントを通して楽しい横川の魅力を知ってほしい」と話している。
 問合は、同組合☎(082)232・2434。
イベントニュース

西広島タイムス電子版


令和元年11月15日 第1574号

パソコン・スマホで読めます!

西広島タイムスを
新聞をめくるように
読んでいただけます。

広告もご覧いただけます。

バックナンバー