地元経済・ビジネス

西広島の今を伝えます
  • 最新号
    (11.15発行)
  • 一面
  • くらし
  • ビジネス
  • スポーツ
  • 医療
  • イベント
  • 募集

11月2日から新築見学会 平屋のデザイナーズ住宅 進和建工 廿日市市で

2019年10月25日
無駄をそぎ落とし研ぎ澄まされたデザインながらも住みやすさを追求した一邸
 【廿日市市大野】㈱進和建工(広島市安佐北区亀山4丁目、上西康博代表取締役)が11月2日(土)~4日(月)、廿日市市林が原1丁目に建設したデザイナーズ住宅のブランド「シンプルノート」の新築見学会を催す。無駄をそぎ落とし研ぎ澄まされたデザインながらも住みやすさを同居させた一邸。見学者を募っている。
 同ブランドのコンセプトは、「Less is more」。直訳すると、「より少ないことはより豊かなこと」。ドイツの著名な建築家の有名なフレーズだそうだ。余計なものを無くすことで本質が浮かび上がるのは家も人間も同じという考えのもと、家を限りなくシンプルにすることで美しく自由な住まいを実現した。
 見学会の物件は、平屋建て3LDKで延べ床面積86・12㎡。外観は、エッジの効いたシャープさとシンプルさを兼ね備えたデザイン。外観は大きな窓はないが、中庭から全ての部屋に光が差し込む造り。さらにプライバシーを確保し外からの視線を気にすることなく過ごすことができる。他人の視線を感じない一方、中庭があることで開放感があり四季を感じることができる。キッチンなどは家事の負担を軽減できる導線を実現した。天井は勾配にし、掃出し窓や建具は天井高2・4mあり光を取り込み空間の広がりを感じることができる。「二十年、三十年経っても美しい普遍的なデザイン。住みやすさの追求を完全自由設計で対応していく」と同社。
 見学会は、午前10時~午後5時。完全予約制。
 申込・問合は、同社☎(082)814・3449。

ビジネスニュース

西広島タイムス電子版


令和元年11月15日 第1574号

パソコン・スマホで読めます!

西広島タイムスを
新聞をめくるように
読んでいただけます。

広告もご覧いただけます。

バックナンバー