行政・くらし

西広島の今を伝えます
  • 最新号
    (11.15発行)
  • 一面
  • くらし
  • ビジネス
  • スポーツ
  • 医療
  • イベント
  • 募集

宮島口渋滞緩和へP&R 紅葉シーズンに500円券配布 宮島口交通円滑化協議会

2019年10月25日
 【廿日市市大野】廿日市市や国、県などで組織する宮島口交通円滑化協議会が紅葉シーズンの11月に、宮島の玄関口・同市宮島口地域の渋滞緩和を目的としたパークアンドライド(P&R)を実施する。30日を除く土・日・祝日にゆめタウン廿日市(同市下平良2丁目)の500円の買い物券を配るなどして、集中する同地域の交通量・駐車の分散を図る。
 P&Rは、目的地周辺の駐車場に止め、公共交通機関などで目的地まで移動を促す取り組み。同地域では、宮島への紅葉狩りやゴールデンウィークなどの繁忙期に実施している。
 500円券進呈は、ゆめタウン廿日市の駐車場利用者が対象。中国道や山陽道のサービスエリア、広島電鉄宮島口駅など28カ所にあるチラシに、同駅改札出口でスタンプを押せば、同店のサービスカウンターでゆめタウン廿日市で使用できる商品券と交換する。車1台につき1回。
 ほかにも、ちゅーピーパーク(同市大野)には2日・4日・9日・30日を除く土日祝日に駐車場300台分を設ける。一日1000円で、宮島口地域までの無料シャトルバスを出す。JA広島総合病院第3駐車場(同市地御前1丁目)や渋滞情報などを掲載するLINEアカウントの利用も呼び掛けている。
 同市宮島口みなとまちづくり推進課によると、ピーク時には同地域を中心に国道2号上下とも4㎞以上の渋滞になることも。有井潤課長は「ストレスなく有意義な時間を過ごしてもらうためにも、P&Rを利用してほしい」と話している。
 問合は、同課☎(0829)30・9184。
くらしニュース

西広島タイムス電子版


令和元年11月15日 第1574号

パソコン・スマホで読めます!

西広島タイムスを
新聞をめくるように
読んでいただけます。

広告もご覧いただけます。

バックナンバー