地域ニュース

西広島の今を伝えます
  • 最新号
    (12.13発行)
  • 一面
  • くらし
  • 地域
  • ビジネス
  • スポーツ
  • 医療
  • イベント
  • 募集

中学生平和ポスターコンテスト  「安心して暮らせる世界」 三和中の庄司さんが受賞

2019年11月01日
エントリー賞を受賞した庄司さん
 【佐伯区】広島五日市ライオンズクラブ(永田忠会長)が「第8回佐伯区中学生平和ポスター・コンテスト」の表彰式を10月25日、広島市佐伯区民文化センターで開いた。「平和の道のり」をテーマに区内の中学生から募った957点の中からエントリー賞・会長賞・委員長賞・学年優秀賞・努力賞の計50点を表彰。出席した受賞者に賞状と副賞を手渡した。
 同コンテストは、中学生に世界平和を考えてもらおうと、2012年から毎年実施している。今年は区内全公立9校から応募があり昨年の680点を超える作品が集まった。
 「国際平和ポスター・コンテスト」に出品するエントリー賞を受賞したのは、市立三和中学校1年の庄司梨々華さん。平和の言葉を聞いた時に思い浮かんだという原爆の子の像の周りに万国旗がはためいている。受賞のあいさつに立った庄司さんは「絵だけで平和を描くのは難しかったけど、ポスターへ込めた平和への思いが世界中に届いて安心して暮らせる世界になればと思う」と受賞の喜びを述べた。背景は鮮やかな青色のグラデーションにするなど工夫したという庄司さんは受賞に「自信はあった。選ばれるとは思わずびっくりした」とはにかんでいた。
 ほかにも会長賞の三好麗士さん(城山中3年)は、平和の象徴でもあるハトや五輪のマーク、万国旗を描いた。委員長賞の石德輝人さん(五日市観音中3年)は、紙からはみ出るほど大きくハトを描いた作品。
 受賞作品は、同日と翌日に同センターに展示。来館者に絵を通し平和の尊さと大切さを訴えていた。
 ほかの受賞者は次の通り(敬称略、()内は校名と数字は学年)。
 【学年優秀賞】1学年=山縣胡花(五日市)、岡あいな(同)▽2学年=二宮姫奈多(城山)、岡本望心(美鈴が丘)▽3学年=内田七海(五日市南)、吉田晴子(同)
 【努力賞】杉本つむぎ(五日市南1)、池田希歩(同)、上田心乃華(同2)、木曽友花(同)、半田夏椛(城山1)、小泉友智美(同)、吉﨑日菜実(同2)、日z髙和希(同3)、井上柊(湯来1)、岩藤晃暉(同)、児玉みこ(同)、中曽杏梨(同)、廣内粋(同)、森本優冬(同)、山本想大(砂谷2)、村上愛恵(同)、梅田ひより(同)、室田源(同)、佐々木耀斗(同)、樋野大河(同)、小泓楓(三和1)、平田暖乃(同)、渡邊帆香(同)、若原天羽(同)、山脇渚月(同)、田中成夢(五日市観音3)、松岡弥愛(同)、石田瑠花(同)、福地杏花(同)、栗尾勝大(同)、小川純鈴(五月が丘2)、圖師智哉(同3)、小山岳士(美鈴が丘1)、中村隼風(同)、福品輝美(同2)、川添梨楠(同3)、井上美愛(同)、原山豪(五日市1)、前原夕萌(同)、梅本葵苗(同2)、石井柚花(同)
地域ニュース

西広島タイムス電子版


令和元年12月13日 第1578号

パソコン・スマホで読めます!

西広島タイムスを
新聞をめくるように
読んでいただけます。

広告もご覧いただけます。

バックナンバー