募集

西広島の今を伝えます
  • 最新号
    (12.13発行)
  • 一面
  • くらし
  • 地域
  • ビジネス
  • スポーツ
  • 医療
  • イベント
  • 募集

鉄人の募集開始 一般の部で300人 来年開催のアジア選手権

2019年11月22日
 【廿日市市】廿日市市で来年に開催される「ASTCアジアトライアスロン選手権2020廿日市」の一般の部の出場選手の募集が7日、始まった。主催の同選手権実行委員会は大会のPRも合わせて広く周知している。
 同選手権は2020年東京オリンピックのアジア大陸別選考レースに位置付けられ、4月24日(金)~26日(日)に同市役所周辺で繰り広げられる。種目はパラトライアスロン、ジュニア、エリートなど6種目。出場選手は約700人、来場者は約11万7千人を見込む。同市での開催は16年に続き2回目。
 一般の部は26日に号砲が鳴る。同市パークゴルフ場沖をスタートしスイムで1・5㎞、同市役所(同市下平良1丁目)周辺をバイクで40㎞、ランで10㎞の計51・5㎞のコースを駆け抜ける。
 参加資格は、2020年12月31日時点で18歳以上の男女。同年度のJTU会員登録者で、スタートからスイム終了までを六十分、バイク終了までを百七十分、ラン終了までを二百四十分で大会と同様の距離を完走できる人に限る。開催前日の説明会へ出席が必要。
 参加費は2万4000円。定員300人になり次第締め切る。
 応募方法はJTU公式エントリー「LAWSON DO! SPOERTS」(https://do.l-tike.com)から申し込む。
 選手権の部も受け付け中だ。
 それぞれの詳細は、問い合わせるか同選手権のホームページで確認を。
 問合は、同市教育委員会アジアトライアスロン推進室☎(0829)30・9163。
募集ニュース

西広島タイムス電子版


令和元年12月13日 第1578号

パソコン・スマホで読めます!

西広島タイムスを
新聞をめくるように
読んでいただけます。

広告もご覧いただけます。

バックナンバー