募集

西広島の今を伝えます
  • 最新号
    (04.03発行)
  • 一面
  • くらし
  • 地域
  • ビジネス
  • スポーツ
  • 医療
  • イベント
  • 募集

家族信託セミナー来年1月 司法書士が相続対策を解説 広島五日市相続サポートセンター島根不動産

2019年12月13日
 【佐伯区】広島五日市相続サポートセンター島根不動産(広島市佐伯区楽々園4丁目)がセミナー「2千人が感服した相続対策~あなたの遺言と家族信託を救う」を来年1月13日(月)、廿日市市総合健康福祉センター山崎本社みんなのあいプラザ(同市新宮1丁目)で催す。新たな遺産相続、財産管理の制度として注目を浴びる「家族信託」を司法書士が分かりやすく解説する。午後2時~4時半。受講無料。
 家族信託は、不動産や預貯金などの資産管理を信頼できる家族などに託す制度。例えば父親が認知症や脳梗塞など発症し判断能力が無くなった場合、不動産を売却し介護施設の入居費に充てようと思っても親族は自由に不動産を処分できなくなる。だが、家族信託を活用すれば不動産売却や買い替えなど信託を受けた家族の判断で、不動産を売った費用を入居費に充てることができるそうだ。
 さらに子どものいない夫婦の場合、夫が亡くなると通常は妻が相続し以降も妻側の親族が引き継ぐ。だが、家族信託なら妻が亡くなった後、自身の弟やおいなど思いに沿った承継ができる。
 セミナーは、年間250件を超す相続対策や手続きを手掛ける司法書士法人水野合同事務所代表司法書士の水野昌典さんが講師を務める。水野さんの開いた家族信託のセミナーには約2000人以上が受講したそうだ。当日は家族信託の基礎知識に始まり、成年後見制度との違い、メリット・デメリットなど紹介する。
 同センターを運営する島根不動産㈱の髙山伸介社長は「親子でセミナーに参加することが一番、最善」と話す。さらに「税法など年々変わっている。1回聴いただけでは分からない点も2、3回聴くことで必要なことが分かってくるので、以前受講した人もぜひ」と呼び掛けている。
 受講希望者は、10日(金)までに電話で申し込む。もしくは同センターホームページ(https://hiroshima-itsukaichi-s.z-souzoku.com/)の申し込みフォームで受け付けている。20人の定員になり次第締め切る。
 申込・問合は、同社☎(082)921・1177髙山裕子さん。
募集ニュース

西広島タイムス電子版


令和2年04月03日 第1593号

パソコン・スマホで読めます!

西広島タイムスを
新聞をめくるように
読んでいただけます。

広告もご覧いただけます。

バックナンバー