行政・くらし

西広島の今を伝えます
  • 最新号
    (07.10発行)
  • 一面
  • くらし
  • 地域
  • ビジネス
  • スポーツ
  • 医療
  • イベント
  • 募集

現副市長を再任 堀野氏と原田氏 廿日市市議会で同意

2019年12月13日

堀野 和則(ほりの・かずのり)
昭和44年大野町入職、平成18年廿日市市市民生活部長、同20年教育部長など歴任。69歳。
 

原田 忠明(はらだ・ただあき)
昭和52年廿日市町入職、平成16年都市部次長、同17年建設部次長など歴任。65歳。

 【廿日市市】廿日市市議会12月定例会初日の3日、12月31日で任期満了する堀野和則氏(69)と原田忠明氏(65)の両副市長の再任同意を求める議案が可決された。2012(平成24)年から眞野勝弘前市長とともに副市長として市政に携わってきた両氏が、10月の市長選で新任当選した松本太郎市長の両脇を固める形。松本市長が掲げている「眞野市政の継承」が表れる陣営になった。
 副市長の任期は、来年1月1日から23(令和5)年12月31日までの四年間。両氏は12年に眞野前市長の副市長として初就任。来年の再任で3期目を迎える。
 担当は、堀野氏が総務、経営企画、自治振興、環境産業、福祉保健、教育、消防本部の各部。原田氏が建設部と水道局を担う。
くらしニュース

西広島タイムス電子版


令和2年07月10日 第1601号

パソコン・スマホで読めます!

西広島タイムスを
新聞をめくるように
読んでいただけます。

広告もご覧いただけます。

バックナンバー