行政・くらし

西広島の今を伝えます
  • 最新号
    (01.24発行)
  • 一面
  • くらし
  • 地域
  • ビジネス
  • スポーツ
  • 医療
  • イベント
  • 募集

職員が飲酒運転 停職二カ月下す 廿日市市消防本部

2020年01月10日
 【廿日市市】廿日市市消防本部は、昨年6月に飲酒運転で検挙された同本部総務課の男性主事(28)を、12月27日付けで停職二カ月の懲戒処分にした。同本部は廿日市署とともに全職員対象の飲酒運転撲滅に関する講習を実施するなどして、再発防止に努めている。
 同本部によると、男性は6月23日夕方から深夜にかけて酒を飲み、翌24日午前9時ごろ、自家用車を運転し出勤した。上司がアルコールの臭いに気付き、廿日市署へ通報。呼気検査で基準値を超えるアルコールが検出された。
 当時、男性は大野消防署主事。12月18日付けで罰金30万円の略式命令を受けた。
 同本部は、男性の行為が公務員に対する信用を傷つけるなどを理由に処分。監督責任として消防長と大野消防署長を文書注意、同本部次長を口頭注意とした。
 同本部は「市民の皆様の信頼を損ねる事態になったことを深くお詫びする」とコメントしている。
くらしニュース

西広島タイムス電子版


令和2年1月24日 第1583号

パソコン・スマホで読めます!

西広島タイムスを
新聞をめくるように
読んでいただけます。

広告もご覧いただけます。

バックナンバー