地域ニュース

西広島の今を伝えます
  • 最新号
    (02.21発行)
  • 一面
  • くらし
  • 地域
  • ビジネス
  • スポーツ
  • 医療
  • イベント
  • 募集

19日に男子駅伝 宮島街道を熱走  交通規制を実施

2020年01月17日
 「天皇盃第25回全国都道府県対抗男子駅伝競走大会」(日本陸上競技連盟など主催)が19日(日)、広島市中区の平和記念公園前を発着点にある。47都道府県を代表する中学・高校・大学・社会人ランナーが世代を超え故郷の誇りを胸に、7区間48㎞をたすきでつなぐ。
 午後0時半に号砲とともに同公園前をスタートする。平和大通りから地元宮島街道へ。最初にたすきをつなぐ第1中継所(広電井口駅東)に先頭が到着するのは0時50分の予定。同じく第2中継所(海老園交差点)が同59分、第3中継所(宮島口ロータリー)は1時23分、第4中継所(JR阿品駅南)は同38分、第5中継所(広島工大高前)が2時3分、第6中継所(草津橋)が同12分。同49分にゴールする予定。
 昨年は4位に終わった広島県。地元からは同市立五日市中学校出身の中野翔太選手(県立世羅高校)が5区でエントリーしている。
 大会に合わせ正午~午後3時半、交通規制を実施する。宮島街道と平和大通りでは、長時間にわたり全面通行禁止になる。
 問合は、大会事務局☎(082)292・0601。
地域ニュース

西広島タイムス電子版


令和2年02月21日 第1587号

パソコン・スマホで読めます!

西広島タイムスを
新聞をめくるように
読んでいただけます。

広告もご覧いただけます。

バックナンバー