地域ニュース

西広島の今を伝えます
  • 最新号
    (02.14発行)
  • 一面
  • くらし
  • 地域
  • ビジネス
  • スポーツ
  • 医療
  • イベント
  • 募集

はつかいち観光協会の写真コンテスト 最優秀賞に「涼を求めて」 地元の魅力写す17点入賞

2020年01月24日

妹背の滝を写し最優秀賞の市長賞を
射止めた作品「涼を求めて」
 【廿日市市】はつかいち観光協会主催の「第9回はつかいち観光協会写真コンテスト」の入賞作品が決まった。最優秀賞の廿日市市長賞は、池浦俊文さん(69、広島市西区)が廿日市市大野の妹背の滝を撮った「涼を求めて」で射止めた。次点の同市議会議長賞には同市宮内地区で撮影した「薄暮の時」、教育長賞には最優秀賞と同様の妹背の滝をモデルとした「暮れ初む」、同協会賞には地御前港を写した「未明の航跡」が受賞した。
 同コンテストは、宮島町を除く廿日市市内の新たな魅力の発見を目的に毎年開催している。今年は54人195点の応募があった。トップ4賞のほかにも、入選・佳作合わせて計13作品が入賞した。
 入賞作品は、31日(金)まで廿日市市役所の市民ロビーで展示している。2月4日(火)〜28日(金)には、ゆめタウン廿日市3階で展覧する。
 入賞者・作品は次の通り(敬称略、「」内は作品名)。
 《市長賞》池浦俊文「涼を求めて」
 《議長賞》藤川豊子「薄暮の時」
 《教育長賞》萩野美保子「暮れ初む」
 《協会賞》京野達也「未明の航跡」
 《入選》狩山睦江「吹雪にも負けず」、末永達也「早朝を駆け抜ける廿日市大橋」、川崎修司「夕暮れの里」、横山泰明「波間に憩う」、向井畑正治「春爛漫」
 《佳作》藤井律「霧の朝」、井田悟「凍てつく滝」、入江孝美「晩秋の渓谷」、浅岡国男「小春日和」、八田雅晴「一斉にGO!」、寄能久子「吉和とんど祭り」、小野博之「湖の目覚め」、福田玲央「幻想郷」。
 展示に関する問合は、同観光協会☎(0829)31・5656。
地域ニュース

西広島タイムス電子版


令和2年02月14日 第1586号

パソコン・スマホで読めます!

西広島タイムスを
新聞をめくるように
読んでいただけます。

広告もご覧いただけます。

バックナンバー