地域ニュース

西広島の今を伝えます
  • 最新号
    (02.14発行)
  • 一面
  • くらし
  • 地域
  • ビジネス
  • スポーツ
  • 医療
  • イベント
  • 募集

連携し初期消火 4人感謝状贈呈 廿日市市消防本部

2020年01月24日

中山さん(左から2番目)らに感謝状を贈った
 【廿日市市】廿日市市消防本部が14日、火災の初期消火活動で延焼防止に貢献したとして会社員の中山真一さん(49)、同じく陰浦誠司さん(45)、個人事業主の庄野千代彦さん(66)、同じく山﨑由規夫さん(46)の4人を表彰した。同本部で中田健史消防長がそれぞれに感謝状を手渡し、功績をたたえた。
 同本部によると、昨年10月30日午前10時ごろ、廿日市市阿品台の住宅街にある2階一戸建ての鉄骨造住宅で火災が発生した。4人は1階でリフォーム作業をしていた。中山さんが家主を訪ね2階に上がると、寝室のカーテンが燃え天井に届くほどの火が上がっていた。消火しようとする家主をなだめ、中山さんは1階の3人を呼び寄せ、玄関先の鉢に溜まった水をバケツリレー。さらに散水ホースを一階から伸ばし消火活動に当たった。消防隊が到着した頃には、延焼の恐れがないほどまでに鎮圧。焼損箇所を室内のカーテンや壁、天井、収容物の一部までに抑えた。家主はやけどを負ったが命に別状はなかった。出火原因などは、現在、調査中。
 中山さんは「当然の対応をしただけ。小さな火でも大きな火災につながると思い知った。人ごとだと思わず気を付けたい」と話している。
地域ニュース

西広島タイムス電子版


令和2年02月14日 第1586号

パソコン・スマホで読めます!

西広島タイムスを
新聞をめくるように
読んでいただけます。

広告もご覧いただけます。

バックナンバー