地域ニュース

西広島の今を伝えます
  • 最新号
    (07.03発行)
  • 一面
  • くらし
  • 地域
  • ビジネス
  • スポーツ
  • 医療
  • イベント
  • 募集

憩いの子連れカフェ開店 中高生ら集う場も4月に 西区庚午南にマール村

2020年02月14日

育児中の親同士、情報交換もできる

 【西区】子どもから大人まで幅広い世代の憩いの場づくりを目指す一般社団法人マール村が3日、設立した。7日には子連れの母親が集うことを目的とした「シェアcafeMaaru」を広島市西区庚午南2丁目にオープン。今後、中・高校生や学生、経営者、地域住民などの交流する場としての活用も計画している。
 マール村は、美容サロンなどを展開する㈱オフィスフローレが、起業を目指す母親の支援などに取り組んでいた社会貢献事業が前身という。2018年の広島豪雨災害時に、同社がスポンサーとなり、学校に行けない被災地の子どもたちの居場所として子ども食堂を開店。同取り組みがきっかけとなり、同社の大江かおり代表取締役を筆頭に、太田郁恵取締役副社長や活動に共感した人など6人で立ち上げた。
 主な取り組みは3つ。1つは子育て中の母親を主な対象とした「シェアcafeMaaru」。子どもを連れてくることを前提にしたカフェで、育児に専念する母親の食事がおろそかになることから、栄養バランスを考慮したランチを提供する。空いた1室を貸し出し、料理教室や講座などのイベントも企画する。
 2つ目は中高生などの子どもたちが立ち寄る「TAMARIBAまある」。3つ目は経営者や学生などの出会いと学びの場「コネクションバー」で、どちらも4月の開店を予定している。
 同団体のリーダーを務める太田理事は「幅広い世代が集い、活躍できる場として温かみのある空間にしていきたい」と、気軽な来店を呼び掛けている。
 カフェの営業は、基本平日で午前10時~午後4時。休店もあるので事前に確認を。
 問合は、マール村☎(082)961・6296。
地域ニュース

西広島タイムス電子版


令和2年07月03日 第1600号

パソコン・スマホで読めます!

西広島タイムスを
新聞をめくるように
読んでいただけます。

広告もご覧いただけます。

バックナンバー