行政・くらし

西広島の今を伝えます
  • 最新号
    (07.03発行)
  • 一面
  • くらし
  • 地域
  • ビジネス
  • スポーツ
  • 医療
  • イベント
  • 募集

対策本部を設置 施設利用制限も 廿日市市

2020年03月13日
 【廿日市市】廿日市市は、広島市で新型コロナウイルス感染者が出たことを受け7日に対策本部を立ち上げた。市の施設の利用制限や休止期間延長など、感染の拡大防止措置を取っている。
 10日現在、はつかいち市民図書館が21日(土)まで、予約資料の貸し出しと資料返却を除き、館内の閲覧などのサービスを休止。グローバルリゾート総合スポーツセンターサンチェリーでは、トレーニングルームとサウナ室の休業期間を21日まで延長。佐伯総合スポーツ公園もトレーニングルームの休止期間を延ばした。さらに宮島水族館、宮島歴史民俗資料館、宮島伝統産業会館など21日まで臨時休館する予定。
 児童会では、利用する児童にマスク着用を義務付け、1部屋の収容人数を減らす。一部では40人収容していた部屋を20人にし、部屋が不足する場合は学校の教室を活用する。
 市は、感染状況や国、県の動向を鑑み、適宜対策を見直していく。
くらしニュース

西広島タイムス電子版


令和2年07月03日 第1600号

パソコン・スマホで読めます!

西広島タイムスを
新聞をめくるように
読んでいただけます。

広告もご覧いただけます。

バックナンバー