一面

西広島の今を伝えます
  • 最新号
    (10.23発行)
  • 一面
  • くらし
  • 地域
  • ビジネス
  • スポーツ
  • 医療
  • イベント
  • 募集

降り注ぐ「春」に笑顔も満開

2020年04月03日
 満開の西広島―。地元西広島各地の至る所でサクラが見頃を迎え、ピンク色が広がっている。広島県の天然記念物に指定されている広島市佐伯区五日市町石内の「神原のシダレザクラ」が、早くもほぼ満開(3月30日時点)。はたから見るとピンク色の翼を大きく広げているかのように、下から見上げると滝のように降り注ぐ圧巻の枝振りで、訪れる人を魅了している。今週末までが見頃のようだ。
 神原のシダレザクラは、樹齢三百年以上といわれている。幹周り2・42m、高さ約10mの大木。1973(昭和48)年に同記念物の指定を受けた。
 同所で、毎年、抹茶やコーヒーなど提供している地元女性会によると、例年に比べて、一週間程度早く満開を迎えているそうだ。
 例年、多くの花見客が訪れている同所。だが、今年は新型コロナウイルスの影響で人が少ないようだ。
 同所でのドローン撮影は禁止している。看板も立てて注意を呼び掛け、「皆さんの迷惑になるため控えてほしい」と強く訴えている。
一面ニュース

西広島タイムス電子版


令和2年10月23日 第1613号

パソコン・スマホで読めます!

西広島タイムスを
新聞をめくるように
読んでいただけます。

広告もご覧いただけます。

バックナンバー