行政・くらし

西広島の今を伝えます
  • 最新号
    (08.07発行)
  • 一面
  • くらし
  • 地域
  • ビジネス
  • スポーツ
  • 医療
  • イベント
  • 募集

廿日市市で 「口座番号教えて」 不審電話相談相次ぐ

2020年04月10日
 【廿日市市】還付金詐欺を匂わす不審な電話があったと高齢者からの相談が廿日市市へ相次いだ。3月31日だけで16件あり、同市は「電話で還付金の手続きはしていない。金融機関に依頼し銀行口座を聞き出すようなこともしない」と、注意を呼び掛けている。
 同市によると、高齢者宅の固定電話に、保険料や医療費還付のため銀行口座を聞き出そうとする電話があった。内容は「還付金があるため、後ほど銀行から口座確認の電話があるので教えてほしい」、「還付通知と一緒に請求書を送っているが、返送が無い。電話で聞き取らせてほしい」、「アンケート用紙を送るので口座情報を記入して、返送してほしい」など。中には同市職員を名乗る男性だったり、高齢者の名前を把握している件もあったそうだ。
 同市は、廿日市署や消費者生活センターと情報を共有。ホームページやチラシ配布などで市民へ周知した。
 同市保険課の南克仁課長は「還付の制度はあるが、口頭や銀行に頼んで電話で銀行口座を照会することは絶対にない」と話す。
 廿日市署にも、同日に同様な相談が複数件あったそうだ。同署は「最近は銀行窓口やATMなどの水際で被害阻止が広まっていることからか、(自宅まで)キャッシュカードを受け取りに来る手交型もある。不審な電話があった場合は、家族や警察へ相談してほしい」と話している。
 相談に関する問合は、同署☎(0829)31・0110、同市☎(0829)20・0001。
くらしニュース

西広島タイムス電子版


令和2年08月07日 第1604号

パソコン・スマホで読めます!

西広島タイムスを
新聞をめくるように
読んでいただけます。

広告もご覧いただけます。

バックナンバー