地域ニュース

西広島の今を伝えます
  • 最新号
    (07.03発行)
  • 一面
  • くらし
  • 地域
  • ビジネス
  • スポーツ
  • 医療
  • イベント
  • 募集

教室の網戸自作 換気時の虫対策 佐方小職員とPTA

2020年06月12日

教職員とPTAが資材の切り出しから手作業で網戸制作
 【廿日市市】廿日市市立佐方小学校で教職員とPTAが網戸を制作し4日、山林に面する教室に取り付けた。新型コロナウイルス感染防止のため教室の換気が必要となる中、児童の学習環境を整えようと取り組んだ。
 同校の校舎は、北側が山林に面している。北側の各教室の窓には、数年前に取り付けた網戸があるが、1階の1年生の教室は劣化し剥がれていた。各教室にクーラーを整備したこともあり、そのままにされていたそうだ。
 授業を再開するに当たり教室の換気は必須。授業中、蚊などが窓から入り児童の集中を欠くと教員の中から意見が挙がり、学校はPTAに相談。本格的な授業の再開までに日数が少ないこともあり、PTAが資材の予算を出し、教員とともに制作。教室と児童会の計6クラスに取り付けた。
 PTAの橋本和宗会長は「子どもたちの学習環境づくりはPTAの活動方針でもある。コロナに関わらず自然の風を感じてもらうことも成長する上で大切」と話している。
 岡本真一郎校長はPTAの協力に感謝するとともに「授業に落ち着いて集中できる環境になった。子どもたちに少しでも安心して登校してもらえれば」と話している。
地域ニュース

西広島タイムス電子版


令和2年07月03日 第1600号

パソコン・スマホで読めます!

西広島タイムスを
新聞をめくるように
読んでいただけます。

広告もご覧いただけます。

バックナンバー