地元経済・ビジネス

西広島の今を伝えます
  • 最新号
    (09.18発行)
  • 一面
  • くらし
  • 地域
  • ビジネス
  • スポーツ
  • 医療
  • イベント
  • 募集

新規テイクアウト事業支援 デリバリーの参入にも助成 ひろしま産業振興機構

2020年06月26日
 公益財団法人ひろしま産業振興機構が、新型コロナウイルス感染の拡大に伴い売上の減少に苦しむ事業者がテイクアウト・デリバリーへ新規参入を支援している。チラシなど印刷物の製作委託費、新聞・雑誌へのPRのための広告掲載費、配送用車両など借上料など経費を助成する。
 助成限度額は、30万円。ほかにも看板・POP・のぼり製作費、PR動画やWEBサイトの製作委託費に利用できる。三カ月分のデリバリーバイクなどのリース・レンタル料、梱包・包装資材などの購入費のほかにも、テイクアウト用小窓やショーウィンドー、調理室の間仕切りの設置など店舗内装工事費も。対象は、テイクアウト・デリバリーの事業に限る。詳細については、ホームページ(https://www.hiwave.or.jp/news/21668/)にある募集要項で確認を。
 希望者は、7月31日(金)までに事前申出書や誓約書を同機構へ原則、郵送で提出する。内容を審査し、交付対象になることが見込まれたら文書で通知する。助成対象期間は、10月31日(金)まで。事前申出完了通知日から最長三カ月以内。
 同機構新型コロナ対策事業推進チームによると、6月22日時点で、約1160件の事前申出がある。
 問合は、同チーム☎(082)207・0226。
ビジネスニュース

西広島タイムス電子版


令和2年09月18日 第1609号

パソコン・スマホで読めます!

西広島タイムスを
新聞をめくるように
読んでいただけます。

広告もご覧いただけます。

バックナンバー