地元経済・ビジネス

西広島の今を伝えます
  • 最新号
    (09.18発行)
  • 一面
  • くらし
  • 地域
  • ビジネス
  • スポーツ
  • 医療
  • イベント
  • 募集

抗菌コートで安心の職場 長期間に渡り防菌の効果 車販売のサンボレ新たな取り組み

2020年06月26日
試しに施工したところ、すぐに菌は10分の1に減少した
 【佐伯区】新車・中古車販売やカーリースなど手掛ける㈱サンボレ(広島市佐伯区千同2丁目、小田修久代表取締役社長)が、抗菌コートの取り組みを始めた。短時間で抗菌の効果を得て、長期間にわたり効果を発揮するという「光触媒・酸化チタン」に注目。ボディーコートや車内の抗菌処理などしている自動車車販売店のアイデアを活用し、全国で新型コロナウイルスが収束しない中、安心して働くことのできる職場づくりを提案している。
 同社の顧客の中には看護師やバスの運転手など人と接触する人が多いという。小田社長が、何か役に立てないかと考えていた。同社の社員も安心して働くことのできる環境づくりを目指し、着目したのが「光触媒・酸化チタン」。
 酸化チタンは液状で塗布すれば、太陽光や蛍光灯など光エネルギー(紫外線)に反応し菌や周囲の臭い成分などを分解するという。施工後、二十四時間後には効果を出るそうだ。パソコンやドアノブ、車の内装など多岐に施すことができる。
 特徴の一つが持続性。アルコールや次亜塩素酸水は短時間での効果はあるが、長持ちしないという。酸化チタンコートは、長期間、効果が続き、何度も施工する必要がない。同社では、半年に1回のメンテナンスにしている。
 同社では、複数の商品を仕入れ比較。最適な濃度やコーティング方法など検証した。合わせて検査キットも導入し、「目に見えない菌」を数値化している。
 すでに過去、甲子園に出場したことのある高校野球部や学習塾が酸化チタンコートを導入している。机や椅子に施工したところ、菌の数が40分の1まで減少した。
 同社の藤原かおりさんは「予想外に菌は多い。安心して働け、生活でき働くことのできる環境づくりに役立ちたい」と話している。
 問合は、同社☎(082)943・5577。
ビジネスニュース

西広島タイムス電子版


令和2年09月18日 第1609号

パソコン・スマホで読めます!

西広島タイムスを
新聞をめくるように
読んでいただけます。

広告もご覧いただけます。

バックナンバー