行政・くらし

西広島の今を伝えます
  • 最新号
    (08.07発行)
  • 一面
  • くらし
  • 地域
  • ビジネス
  • スポーツ
  • 医療
  • イベント
  • 募集

オンラインで気軽に子育て交流 保育士も参加「おしゃべり広場」 不安や悩み相談に情報提供 広島市と廿日市市

2020年07月10日
  広島市と廿日市市が、新型コロナウイルス感染症の影響で外出を自粛している子どもや保護者が、オンライン上で気軽に交流できる「おしゃべり広場」(子育てオープンスペース)を開設している。
 おおむね0〜5歳の乳幼児とその保護者が、オンライン会議システム「Zoom」を使って、自宅に居ながら交流できる。保育士などが参加し、必要に応じて子育ての不安や悩みの相談を受けたり、情報を提供する。
 申し込みは、開催予定を確認し、参加希望日時、保護者の氏名、電話番号、子どもの名前(ひらがな)、子どもの年齢、住んでいる地域などを、広島市は各施設のホームページから、廿日市市はメールで送る。
 参加するには、スマートフォンやタブレットなど「Zoom」が利用できる端末と、同アプリのインストールが必要。通信料が掛かるので、Wi―Fi環境での利用を勧めている。そのほか注意事項を確認して参加を。
 問合は、西区地域子育て支援センター☎(082)503・6288、佐伯区地域子育て支援センター☎(082)921・5010、廿日市子育て応援室☎(0829)30・9189。
くらしニュース

西広島タイムス電子版


令和2年08月07日 第1604号

パソコン・スマホで読めます!

西広島タイムスを
新聞をめくるように
読んでいただけます。

広告もご覧いただけます。

バックナンバー