地域ニュース

西広島の今を伝えます
  • 最新号
    (08.07発行)
  • 一面
  • くらし
  • 地域
  • ビジネス
  • スポーツ
  • 医療
  • イベント
  • 募集

自転車盗抑止へ ステッカー寄贈 佐伯遊技業防犯協力会

2020年07月10日

ステッカー(写真上)を設けた効果もあってか自転車盗が減少。中野修会長(左)に賞状を贈った
 【佐伯区】広島市佐伯区のパチンコ店で構成する佐伯遊技業防犯協力会(中野修会長)が、区内で多発した自転車盗を抑止しようとステッカーを佐伯署に寄贈した。ステッカーを駅の駐輪場に掲示したところ、盗難件数が減少。7日には同署が、防犯の功労を称え感謝状を贈呈した。
 ステッカーは、縦約30㎝・横約10㎝。黄色い蛍光色を基調に、黒色と赤色で「自転車盗に気をつけて!」と記し注意を促している。ステッカー上部には、見張っているかのように目が描かれている。100枚を贈った。
 同協力会は、以前から地域に根付いた防犯活動を目指していた。同署から、自転車盗が多発していることを聞き、ステッカーを贈ることを決めた。
 同区で今年に入り3月末時点で自転車盗の認知件数は26件あり、前年同時期比で6件増加。寄贈を受け、4月に被害の多い広島電鉄楽々園駅の駐輪場にステッカーを取り付けると減少傾向に転じた。5月末までの累計は37件で、同時期に比べ7件減少した。 
 感謝状贈呈式では、新型コロナウイルスの影響で延期していたステッカー寄贈式もあった。同区防犯連合会の鉄村忠基会長と石田邦夫事務局長が見守る中、新出能裕署長が中野会長に賞状を手渡した。
 中野会長は「今後も地域に根付いた活動を続け、佐伯区の安全安心のまちづくりに貢献したい」と話している。
 今後、ステッカーは、パチンコ店の駐輪場などにも設置するという。同署では、自転車盗防止に、ツーロックを強く推奨している。
地域ニュース

西広島タイムス電子版


令和2年08月07日 第1604号

パソコン・スマホで読めます!

西広島タイムスを
新聞をめくるように
読んでいただけます。

広告もご覧いただけます。

バックナンバー