行政・くらし

西広島の今を伝えます
  • 最新号
    (08.07発行)
  • 一面
  • くらし
  • 地域
  • ビジネス
  • スポーツ
  • 医療
  • イベント
  • 募集

子を守る週間 家の中の事故に注意 4人に1人「ヒヤリ」

2020年07月17日
 子どもの事故防止に関する関係府省庁連絡会議の取り組みとして20日(月)〜26日(日)、「子どもの事故防止週間」が実施される。同会議では今年度のテーマを「家の中の事故に気を付けましょう」として、主に家の中で起こる子どもの事故に注意を呼び掛けている。
 消費者庁のアンケート調査によると、新型コロナ感染症緊急事態宣言の外出自粛要請期間中の4月〜5月末、子どものいる人の4人に1人が家の中の事故または「ヒヤリ・ハット」を経験したという。
 事故内容は、「落ちる」事故が最多で、中でも階段からの落下が多かった。発生場所は台所、リビング、階段の順だった。
 子どもの動きは予測がつかない上に、ずっと目を離さないでいるのも難しい。事故を防ぎ、万が一、何かが起きても事故を最小限にするために、下図のような事例と対策を参考にしてほしいと注意喚起している。
 同会議は、内閣府、警察庁、消費者庁、総務省消防庁、文部科学省、厚生労働省、農林水産省、経済産業省、国土交通省、海上保安庁(事務局:消費者庁消費者安全課)で構成している。 
くらしニュース

西広島タイムス電子版


令和2年08月07日 第1604号

パソコン・スマホで読めます!

西広島タイムスを
新聞をめくるように
読んでいただけます。

広告もご覧いただけます。

バックナンバー