地元経済・ビジネス

西広島の今を伝えます
  • 最新号
    (11.27発行)
  • 一面
  • くらし
  • 地域
  • ビジネス
  • スポーツ
  • 医療
  • イベント
  • 募集

スマホで働く環境改善 一元管理で負担軽減へ アプリ開発のデイ・ディライト

2020年09月11日

「COMPASS」アプリのアイコン
 【西区】アプリケーションプログラムの開発・運用コンサルティング業の㈱デイ・ディライト(広島市西区中広町3丁目、藤原克明代表取締役)が、7月から自社開発のウェブアプリ「COMPASS(コンパス)」の販売を開始した。クラウド型労働環境管理システムで、従業員の勤怠や仕事の進捗状況などを一元管理できる。
 従業員は、勤務開始や終業時に、COMPASSアプリで打刻する。タイムカードの場所へ移動する必要がない。各種休暇や時間外労働などの申請、作業日報の作成も、簡単な操作で済ますことができる。テレワークや直行直帰などウィズコロナ時代の働き方に適しているという。経理や総務担当者は、従業員の労働時間の集計と分析を手計算や入力作業が原則不要で管理できるそうだ。
 9月25日に販売開始予定の同アプリ最新バーションでは、画面操作をよりシンプルにして使いやすくする。スピーディーな決裁処理が可能になる。
 さらに、今後の構想では、同社が得意とするゲーム性の要素を取り入れるという。例えば、出勤や退勤を打ち込むと、「今月は皆勤賞。頑張ったね」「今日もお疲れ様」など、さまざまなメッセージが現れたり、キャラクターが登場したり。同社は「日々の単調な行為により面白さ、楽しさを加えて、仕事へのモチベーションを上げるきっかけを仕掛けたい」と話す。ほかにも、社内専用コミュニケーションツールとして、アプリ内でグループトークもできるようにする。
 アプリは契約即日から使用できる。使い方は、同社のスタッフが契約会社で丁寧に説明するという。料金は、2021年6月30日までモニターキャンペーンで初期費用が無料。バージョン更新費用が三年毎18万円。月額の基本料金は1万円~(利用人数により異なる)。
 問合は、同社☎(082)208・4510。
ビジネスニュース

西広島タイムス電子版


令和2年11月27日 第1617号

パソコン・スマホで読めます!

西広島タイムスを
新聞をめくるように
読んでいただけます。

広告もご覧いただけます。

バックナンバー