地域ニュース

西広島の今を伝えます
  • 最新号
    (10.30発行)
  • 一面
  • くらし
  • 地域
  • ビジネス
  • スポーツ
  • 医療
  • イベント
  • 募集

木製ユニット家具を寄贈 宮島口のターミナル設置 広島廿日市ロータリークラブ

2020年10月02日

ボックスやボードなど組み合わせ、ベンチなどにすることができる
 【廿日市市大野】広島廿日市ロータリークラブ(松本猛会長)が、廿日市市の宮島口旅客ターミナル2階の多目的ホールに設ける木製ユニット家具を同市に寄付した。9月27日には同ホールで同市から表彰された。松本会長は「木のまち・廿日市の優しさやぬくもりなどの魅力を伝えるものになれば」と、期待を込めた。
 同家具は、木製のボックスやボード、ステージなど約100点。組み方次第でテーブルやベンチ、椅子、棚などに変形できる。木のまち・廿日市にちなみ、木材のスギを使用。古木を使いアンティーク調に仕上げた。同市の㈱WOODPROが制作した。
 同クラブは、奉仕団体。薬物防止を訴える街頭運動や河川クリーンキャンペーン活動などもしている。創設の節目には記念事業として、御手洗川沿いの桜植樹や宮島島内の案内板、JR廿日市駅ロータリーの時計台の寄付なども実施している。
 当日、松本太郎市長から表彰状を受け取った松本会長は「これからも地域を手助けする団体であり続けるよう努力していきたい」と話した。今後は、特別支援学校にタブレットを寄付するなど、子どものための事業を予定しているそうだ。
地域ニュース

西広島タイムス電子版


令和2年10月30日 第1614号

パソコン・スマホで読めます!

西広島タイムスを
新聞をめくるように
読んでいただけます。

広告もご覧いただけます。

バックナンバー