イベント

西広島の今を伝えます
  • 最新号
    (11.27発行)
  • 一面
  • くらし
  • 地域
  • ビジネス
  • スポーツ
  • 医療
  • イベント
  • 募集

廿日市市巡って学ぶ写真撮影 11月11日は佐伯・吉和へ 19日は廿日市・大野地域

2020年10月30日
 【廿日市市】バスで撮影スポットを巡る「プロと一緒に写真を撮ろう!はつかいち写真の撮り方ツアー」が11月11日(水)・19日(木)の両日にある。11日は廿日市市の中山間地域、19日は廿日市・大野エリア。世界を股にかける写真家・相原恒樹さんと各所を回り、写真を取りながらプロの技術を学ぶ。主催のはつかいち観光協会は、参加を呼び掛けている。少雨決行。
 11日は、佐伯・吉和エリア。のどかな雰囲気が魅力として相原さんが勧める同市浅原の三光寺、紅葉がピークを迎える吉和地域の教龍寺、動きのある川に赤く色づく森林など幅広く被写体がある魅惑の里を回る。19日は、由緒ある廿日市天満宮や大頭神社、夫婦の滝が流れ落ちる妹背の滝で撮影。山道を散策し道中を楽しみながら西国街道石畳や残念社にも行く。天候によって、撮影場所が変更になることもある。
 両日とも午前9時に同市商工保健会館を出発。午後3時に同会館で解散する。
 ツアー中に撮影した各自のベストショットは、宮島口旅客ターミナル2階に12月ごろに展示する予定。
 参加者は、カメラを持参する。どちらの参加費も昼食付きで2000円。
 参加希望者は、電話か所定の申込用紙に記入し同協会に提出する。
 締め切りは、11日のツアーが6日(月)。19日は13日(金)。どちらも定員22人になり次第、締め切る。
 申込・問合は、同協会☎(0829)31・5656。
イベントニュース

西広島タイムス電子版


令和2年11月27日 第1617号

パソコン・スマホで読めます!

西広島タイムスを
新聞をめくるように
読んでいただけます。

広告もご覧いただけます。

バックナンバー