募集

西広島の今を伝えます
  • 最新号
    (01.26発行)
  • 一面
  • くらし
  • 地域
  • ビジネス
  • スポーツ
  • 医療
  • イベント
  • 募集

来春のアジアトライアスロンをサポート 廿日市市でボランティア広く募集 コース案内・誘導・通訳・救護も

2020年12月04日
 【廿日市市】来年4月に廿日市市である「ASTCアジアトライアスロン選手権2021廿日市」に向け、実行委員会がボランティアを募集している。一般・通訳・救護の各部門を対象に、来年2月14日(日)まで受け付けている。
 同大会は東京五輪のポイントレースに位置付けられ、来年4月23日(金)~25日(日)に開催する。24日・25日が競技日で、国内外から約800人の選手が参加する見込み。同市役所を中心とした一帯をコースにスイム、バイク、ランで駆け抜ける。ボランティアは、実行委員会側で手配する人数も含め総勢600人になる予定。
 募集するボランティアは200人。そのうちコース案内や誘導、選手の受け付けなどの一般は180人で、高校生以上が対象。通訳は10人で、海外選手などへの言語対応につく。英語や中国語、韓国語などで日常会話以上の語学力がある人に限る。残り10人は救護で、救護テントでケガや体調不良の選手をサポートする。医療・看護の知識が必要。
 実行委員会は、新型コロナウイルス感染症対策として大会二週間前後の期間、健康確認を選手だけでなくボランティアにも義務付ける予定。そのほかの詳細や注意事項などは問い合わせるか大会ウェブサイト(https://www.astc-hatsukaichi.jp)で確認を。応募は、同サイトから。
 問合は、同市アジアトライアスロン推進室☎(0829)30・9163。
募集ニュース

西広島タイムス電子版


令和3年01月15日 第1623号

パソコン・スマホで読めます!

西広島タイムスを
新聞をめくるように
読んでいただけます。

広告もご覧いただけます。

バックナンバー