地域ニュース

西広島の今を伝えます
  • 最新号
    (01.26発行)
  • 一面
  • くらし
  • 地域
  • ビジネス
  • スポーツ
  • 医療
  • イベント
  • 募集

園児「火の用心」 拍子木打ち行進 廿日市聖母マリア幼稚園

2020年12月11日

「火の用心」と、園児が白拍子を鳴らしながら住宅街を行進
 【廿日市市】廿日市市の廿日市聖母マリア幼稚園の毎年恒例の「防火パレード」が4日、園付近一帯であった。法被を羽織った年少園児約90人が、拍子木を鳴らしながら地域の防火を呼び掛けて回った。
 年少の4クラスごとに順次、園周辺を行進した。園児たちは「僕たち私たちは火の周りで遊びません、火の用心」と地域に注意喚起。拍子木を打ち鳴らし住宅街に響かせながら練り歩いた。行進には保護者も協力。ロープを張り安全確保に努めた。すれ違う住民からは「かわいい、頑張って」とエールも。わが子の晴れ姿をひと目見ようと、カメラを構える保護者もいた。
 杉野千穂ちゃんは「寒かったけど、ちゃんと(拍子木を)鳴らせた。家に帰ったら教えてあげる」と、家族にも注意を伝えることを約束していた。
 鉙内順子園長は「寒いと、室内にこもりがちになる。パレードを通して子どもたちのたくましい身体づくりになれば。火は暖をとったり料理に使ったりと身近にある。危険であることを知ってもらうとともに、周りに教える気持ちを育みたい」と話している。
地域ニュース

西広島タイムス電子版


令和3年01月15日 第1623号

パソコン・スマホで読めます!

西広島タイムスを
新聞をめくるように
読んでいただけます。

広告もご覧いただけます。

バックナンバー