地元経済・ビジネス

西広島の今を伝えます
  • 最新号
    (04.14発行)
  • 一面
  • くらし
  • 地域
  • ビジネス
  • スポーツ
  • 医療
  • イベント
  • 募集

店舗開発手掛ける不動開発建設 資産を活かす住宅事業に注力 用地開発や天然無垢材の家も

2021年01月08日
温かみのある天然無垢材の注文住宅も手掛けている
 【佐伯区】店舗開発などを手掛けている総合建設業の不動開発建設㈱(本社=広島市佐伯区皆賀、西沢真社長)が、住宅事業に力を入れている。遊休地を活用しホームセンターなど店舗の誘致や建設を中心に展開してきた。最近の戸建需要の高まりもあり、住宅用地の開発や注文住宅にも注力している。
 同社は、1982(昭和57)年に創業した。遊休地の有意義な活用方法の相談に乗り、立地や周辺の環境を鑑み、マーケティングから企画を立案。同社がパイプ役となり、テナントの選定・斡旋から、行政手続き・開発造成、建物の建設まで担う。さらに契約期間満了後は契約の更新手続きや新しいテナントの斡旋もしている。
 ホームセンターは、中国地方や関西などでは新旧店舗合わせて100店舗超を施工した実績がある。ほかにもスーパーやドラッグストア、クリニック、老健施設、銀行、公的施設の新築・改修もしている。同社は「相続対策にもなる。安定した賃料が入るので安心でき、資産価値も高まる」と話す。
 同社では、十年ほど前から住宅事業に本格的に乗り出した。住宅建設では、店舗事業で培ったノウハウを活かし、耐震構造に強みを持つ。さらに天然無垢材を使い自然素材を活用したデザインにもこだわっている。
 コロナ禍に合わせ、リモートワークスペースや玄関での手洗いスペースの設置にも対応する。希望した場所の土地の用意から住宅の設計・施工、販売まで自社一貫体制のため、無駄なコストを省き、かつ迅速な対応で希望に沿った施工ができるという。
 同社は「お手持ちの資産を整理するのは踏ん切りがつかないと思う。眠っている土地を活用してもらいたい。土地の価値を下げることのない活用プランを提案したい」と話している。物件の売却を考えている人に無料で査定している。
 問合は、同社 0120・434・940(平日午前9時~午後6時)。
ビジネスニュース

西広島タイムス電子版


令和3年01月15日 第1623号

パソコン・スマホで読めます!

西広島タイムスを
新聞をめくるように
読んでいただけます。

広告もご覧いただけます。

バックナンバー