行政・くらし

西広島の今を伝えます
  • 最新号
    (04.14発行)
  • 一面
  • くらし
  • 地域
  • ビジネス
  • スポーツ
  • 医療
  • イベント
  • 募集

新年挨拶文

2021年01月08日
勇「モウ」果敢に 脅威撥ね飛ばす年
 広島市長 松井一實


 年始に当たり、謹んで御挨拶を申し上げます。
 昨年来、新型コロナウイルスが感染拡大する中、感染拡大の防止と経済活動の活性化を両立させながら、市民の安全・安心を守るための取組を進めています。こうした取組や広島広域都市圏の市町と連携した持続可能なまちづくりにおいては、「共助」の精神に基づく市民同士の支え合いが大切であり、こうした考えの下、昨年策定した新たな広島市総合計画に示した三つの視点に沿って着実にまちづくりを進めていきます。
 まず、第1の視点である「世界に輝く平和のまち」に関しては、「ヒロシマの心」が広く市民社会の総意となるような取組を若い世代とともに進めます。また、平和首長会議加盟都市と連携し、締約国会議に核保有国とその同盟国が参加するよう要請していきます。
次に、第2の視点である「国際的に開かれた活力あるまち」に関しては、広島都心地域の「特定都市再生緊急整備地域」への指定をいかし、更なる都市機能の充実・強化を図るとともに、中央公園全体の空間づくりを進め、一帯が広島の新たな拠点となるよう取り組みます。
 最後に、第3の視点である「文化が息づき豊かな人間性を育むまち」に関しては、新たな総合文化芸術イベントのプレイベントを開催するとともに、地域コミュニティを活性化し、住民同士の支え合いが根付くようにするためのビジョンを策定し、各種地域団体の連携強化を積極的に支援していきます。
 今年の干支は丑です。「モウ」牛となって勇「モウ」果敢に脅威(コロナ禍)を撥ね飛ばし、世界に誇れる「まち」広島の実現に向け着実に歩みを進めていきたいと思っています。
くらしニュース

西広島タイムス電子版


令和3年01月15日 第1623号

パソコン・スマホで読めます!

西広島タイムスを
新聞をめくるように
読んでいただけます。

広告もご覧いただけます。

バックナンバー