地域ニュース

西広島の今を伝えます
  • 最新号
    (05.13発行)
  • 一面
  • くらし
  • 地域
  • ビジネス
  • スポーツ
  • 医療
  • イベント
  • 募集

キラキラ輝くレディース コーディネーター木原 世宥子(きはらようこ)さん

2021年01月15日
舞台演出・振り付け・ダンス…
頼まれたら期待に応える

 頼まれた仕事は基本的に引き受ける。「私なら「やってくれる」と信頼して依頼してくださる。だから、諦めずに全力を尽くして依頼主に恩返しする」。舞台の演出家、振り付け師、ダンスやフィットネスなどの指導者、ヘアやメイクのスタイリスト、衣装デザイナーのほか、セミナー講師にもなる。多様な肩書きが、責任感の強さを表す。
 幼い頃から洋楽とダンスに親しんだ。小学生のとき訪れた神奈川県横浜市で、体全部がリズムを刻むようなアメリカ人の踊りに衝撃を受けた。「体が楽器だと思った」と、今も鮮明に思い浮かぶ。ますます洋楽とダンスにのめり込んだ。
 大学卒業後、広島市中区でディスコをオープンし、全国ディスコ協会中四国支部の会長としてダンサー、DJの育成、洋楽の普及に努めた。広島国民体育大会(1996年)の開会式、世界的アーティストが集った世界音楽祭「オーガスト・ イン・ヒロシマ99」(99年)の演出など多くのビッグイベントに携わり、ジャニーズタレントの出演する番組のステージコーディネート、テレビコメンテーターなど経験。興味のあるものは全て挑戦し勉強する。今は、薬膳のオンライン講座を受講中だ。
 注力する舞台の一つが、総合プロデュースを担う子どもたちの平和創作劇「I PRAY」。96年から昨年まで25回上演した。舞台に立つ子どもたちの稽古は、「喉が乾いて焼け死にそうってどんな感じだと思う?」との問い掛けから始まる。未来を担う子どもたちに命の尊さを伝えることを大切な使命と自負する。
 1月24日(日)には、平和の大切さを伝える被曝ピアノコンサート「ひろしまピースアクション」を、基町クレドで午後4時から開催する予定だ。 

DATA
連絡先…Studio Y     広島市中区立町3-4ボラボラビル4階     ☎090・3172・2781
     
地域ニュース

西広島タイムス電子版


令和3年01月15日 第1623号

パソコン・スマホで読めます!

西広島タイムスを
新聞をめくるように
読んでいただけます。

広告もご覧いただけます。

バックナンバー