募集

西広島の今を伝えます
  • 最新号
    (06.22発行)
  • 一面
  • くらし
  • 地域
  • ビジネス
  • スポーツ
  • 医療
  • イベント
  • 募集

ヒマワリ2000本の開花を目指すプロジェクト 廿日市市玖島で

2021年04月21日
 太陽に向かって咲くヒマワリで、地域を元気に−。

 廿日市市の玖島地区コミュニティ推進協議会文化部が、ヒマワリ約2000本分を今年の夏に開花させるプロジェクトを進めている。コロナ禍の影響で住民同士の交流が減る中、地域を元気づけようと「ヒマワリのように、地域の皆さんに上を向いてもらいたい」と願い、企画した。

 同文化部メンバーの所有地をひまわり畑とし、種をまく。上手く育てば5月中旬ごろ、芽の出てきた苗1000本ほどを玖島カフェ(毎月第1、第3日曜日に旧玖島小学校で開店)に置き、地域の方に取りに来てもらう予定だ。7〜8月ごろ、ヒマワリの花が持ち帰った各家庭で見頃を迎えるという。ひまわり畑に咲いた花は、切り花として無料配布も考えているそうだ。
 
 同文化部は、4月24日(土)午前9時〜、種をまく作業に「興味のある人は参加して」と呼び掛けている。参加希望者は、旧玖島保育園(同市玖島)の横にある旧玖島診療所跡地に集合する。マスクを着用する。

 新型コロナウイルス感染拡大状況によって、プロジェクトの変更や中止する場合もある。

 問合は、同文化部☎︎090・9731・7531(山﨑さん)
募集ニュース

西広島タイムス電子版


パソコン・スマホで読めます!

西広島タイムスを
新聞をめくるように
読んでいただけます。

広告もご覧いただけます。

バックナンバー